何でも部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 名鉄谷汲駅跡へ

<<   作成日時 : 2016/11/30 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、名鉄谷汲駅にてモ750形が疑似的ではありますが久々に線路を走ったと聞いて驚きを隠せません。なぜなら、最近谷汲に行ったばかりだからです。

生憎その日は仕事が入ってしまい行くことは叶いませんでしたが、また機会があったら行ってみたいですね。

今回は「動き」さえしませんが、話題になった谷汲駅に行ってきたことを記事にします。



画像

始まりは樽見鉄道の大垣駅から。

モレラの派手なラッピングのハイモ330-700形がいます。
昔見たときは樽見色だったのですが、2014年から塗装が変更されたみたいですね。

画像

本巣駅よりハイモ295-510形に乗り換えます。

樽見鉄道で唯一の樽見色だそうです。
個人的にこの色好きなんですが、意外とレアなんですね。


画像

谷汲口駅に着きました。

駅名板が昔来た時と少し違うような気がします(気のせいかなぁ....)

画像

オハフ33がいます。

国鉄から樽見鉄道にやってきた客車です。

もはや保存というより放置ですね....
状態は非常に悪いです。

画像

昔来た時より銘板が無くなっています。

盗まれてしまったのでしょうか。
まぁ、管理状況も状況なので無理もないですが、保存車両の部品を盗むのは非常に恥ずかしいことです。絶対にやめていただきたいですね。


画像

ステップは崩壊してしまっています。




画像

車内は入れないので外から見学します。


黄色い格子は中間の座席を撤去し、そこに置かれているストーブを覆うものでしょうか。


画像

窓ガラスは白く変色してしまっています。


よく見ると車内に広告を入れる銀色の枠が見えます。

画像

桜の枝が車体に当たってしまっています。


雨どいに溜まった落ち葉や砂から雑草が.....
管理状態がよくわかります....

画像

オハフ502

元オハフ33 1527で亀山の車両だったようです。

画像

オハフ33はこの辺だと蒲郡にも保存されています。
こちらは非常に状態がよく、ちゃんと管理されています。
静岡の佐久間レールパークにも昔はいましたが、リニア館の保存車にはなれず解体されてしまいました。




画像

こちらは日が当らない側だけに少し不気味な印象です。



画像

こちらの銘板も片方無くなっています。



画像

少し離れた所から。

この車両樽見鉄道入線時はディーゼルと同じ水色の樽見色で朝のラッシュ時に運用されたりしていたのですが、後にこの国鉄客車の茶色に戻っています。

昔、樽見色の旧型客車を写真か何かで初めて見た時は質の悪い冗談かと思いましたw
Nゲージでも販売されていたことがあるようで....



バスで谷汲口駅を離れ、名鉄谷汲駅へ向かいます。

画像

何年振りかの谷汲駅。


画像

中に入ると、ぱっと見現役に見えます。

言い方はよくありませんが「データイムの閑散とした無人駅」感が漂います。


画像

乗車券は併設されている昆虫館で買うんですね。


画像

岐阜駅まで710円.....



画像

こう言った物も残っています。



画像

待合室は展示室になっています。

この日は空いてませんでした。

画像

旧谷汲駅舎の瓦屋根の一部が展示されています。



画像

いよいよ展示車両の一つモ510形です。

モ510は比較的色々なところで保存されています。
模型化やプラレール化など非常に人気が高い車両だということがうかがえます。

画像

ボロボロの名鉄のドアステッカーのイルカくん。


車内へと行きたいところなのですが、この日は平日。

日曜や休日しか開いていないことを知らず...
残念.....orz


画像

車体には塗装の剥がれが.....




画像

どうやらこの緑色は市内線直通前の旧塗装の緑色なんだそうです。
緑の上にあの赤白の塗装をしていたんですね.....

痛みの激しいこの車両をもう一度赤一色にし、また赤白に塗装するプロジェクトがあるそうです。


画像

こちら側の行先は岐阜。





画像

駅名板もありますがレプリカです。




画像

もう一台の保存車モ750形です。





画像

普段は上のサボは「ワンマンカー」とあるのですが、今回はありませんでした。

ツーマン運用なんでしょうかw



画像

電車から伸びる謎電線。







画像

名鉄ドアステッカーのおサルもいます。

現役車と同じものが貼ってあると廃止になったのがつい最近だと改めて感じられますね。


画像

優先席マーク。
つい最近まで名鉄電車はこのステッカーでした。

また一つ現役車との世代ギャップが生まれてしまいました。


画像

社内には入れないのでせめてもの悪あがき....





画像

車内は時代を感じさせるレトロな造りです。

ワンマン運転するので整理券発行機等もちゃんとあります。



画像

レトロな造りながら、今でも座席モケット等に現役の名鉄電車を随所に感じさせるものがあり、不思議な感覚がします。



21世紀に入っても走ってたんですね.....



画像

非常にきれいに保存されています。


屋根がなければまるで現役です。



画像

名鉄の(?)ちょっと懐かしいデザインのごみ箱を見つけました。






画像

なぜか黒野駅の防火用水が....






画像

二線ありますが、片方の線路は末期には使用していなかったようです。
現役時代に来たかったですね......


意外と構内は広いです。

画像

ポイント確認。



谷汲駅を後にして谷汲口駅に戻ります。


画像

国鉄みたいな駅名標。







画像

昭和31年....






画像

非常に長閑な所です。







画像

谷汲口駅では名鉄長瀬駅がまだ現役でした。



今回は消化不良でした。
今度は車内に入れる日に行きたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名鉄谷汲駅跡へ 何でも部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる